AGAは思春期以降であれば誰でも発症する可能性がある

病院でAGAの治療薬の処方を受けるより安く薬を入手したければ、個人輸入で海外から買うという手段もあります。病院での診察費用はかかりませんから価格的に安くつくわけです。とはいえ説明も約款もすべて英語で行うため、なかなかハードルが高いと躊躇するのでしたら輸入を代行するサイトは以前からありますし、そういったところをうまく使うと良いでしょう。AGAは思春期以降であれば誰でも発症する可能性があります。いったい何歳くらいからの薄毛をAGAと呼ぶのかは、確固たる基準はないものの、思春期以降なら10代であろうと、検査の結果、AGAであると診断されることがないわけではありません。しかし免疫疾患やストレスによる脱毛も考えられるため、正しい治療をするためには専門医の判断を仰ぐ必要があります。それと、有名なAGA治療薬にフィナステリドがありますが、未成年には現時点では禁忌(使用禁止)とされているため、未成年のうちは処方もしてもらえませんし、個人輸入もおすすめしません。男性型脱毛症(AGA)の代表的な症状というと、ひたいの生え際に沿って毛が細って薄くなるというのが最も多いでしょう。急激に進むものでもありませんから、気づかないのも無理もありません。額が後退してきたり髪の分け目の白さが気になるとか、髪を洗ったあとの抜け毛が細かったり、あるいは以前より増えているように感じたら、男性型脱毛症が進行していると考えて良いでしょう。思春期以降なら誰でもかかりうるのが男性型脱毛症(略称AGA)ですが、AGAの症状が出る要因としては男性ホルモンの関与が以前から指摘されています。男性なら誰もが持つテストステロンというホルモンが同じく体内で分泌される酵素によって代謝され、やはり男性ホルモンのひとつであるジヒドロテストステロン(DHT)に変化することにより抜け毛が発生するからです。どれくらいその酵素が分泌されるかは遺伝子によって親から受け継がれるので、冗談で「うちはハゲの家系で」などと言うのは俗説ではなく本当だったということになります。整髪用のムースやワックスには界面活性剤を含むものが少なからずありますから、購入時には気をつけなければいけません。これは髪や地肌の主要な成分であるコラーゲンを損なうため、大量に使ったり洗い残しがあったりすれば髪や地肌が傷み、抜毛が増えるきっかけになります。これがAGA治療にとってマイナスであるのはいうまでもありません。使わないわけにはいかないという人は、整髪料の成分に留意し、整髪時には地肌への付着を避けるように注意しましょう。保険がきかず全額自費というAGA治療は、一年の出費も大きいものです。ただ、一年に一度、医療費控除を申請して税金の還付を増やすことができます。一年間の医療費の総額が10万円を超える場合、超過した分を年収から控除して確定申告できるのです。AGAの診察費、薬代、病院へ行くまでの電車賃などは控除の対象となり得ます。もしAGAの通院だけではとても10万円まで行かないという人でも、同じ家計内の1年間の医療費が合算して10万円超であれば良いのです。それと町の薬局やドラッグストアで売られている胃腸薬や鼻炎薬といった薬も含めることができるので、レシートは捨てずに保管しておきましょう。いまのところ男性型脱毛症に有効とわかっている物質は、ミノキシジルとフィナステリドのふたつでしょう。フィナステリドと言われてもピンとこないかもしれませんが、日本では商品名プロペシアとして出まわっています。一方、微量のミノキシジルを含んだケア製品や薬は市販されており、薬剤師のいるところなら薬局でもドラッグストアでも買うことができるのですが、フィナステリド含有のプロペシアは処方箋がないと買えない薬です。普通の病院の皮膚科でもAGA専門の病院でもAGAの検査を受けることができます。AGA検査キットなどを購入すれば病院に行かずに検査できるというメリットがありますが、医者での検査と比べて価格的にかなり安いのですから、詳細な情報までもがわかるわけではありません。体質的にAGAになりやすいか、抗男性ホルモン薬は効くのかなどは判断がつきますが、いまの時点で発症しているかどうかは教えてくれません。適確な治療につながるような検査結果が欲しければ専門医か皮膚科に行って検査してもらうしかありません。セルフでAGAの治療をしていくのは、部分的なアプローチでしたら可能です。医療行為である植毛やメソセラピー(薬剤注入)は医療機関でなければできません。しかし、外用薬や飲み薬なら国外の業者から個人輸入で購入することにより通院や検査もなく自力で治していくことができます。それにジェネリック医薬品の選択も自由ですから、わざわざクリニックで処方箋をもらうに比べ価格的にだいぶ抑えられるという利点があります。投薬治療や外科的処置とは区別して考えるべきですが、頭皮のマッサージはAGAの治療にはとても良い影響を与えます。的確なマッサージによる刺激で毛根や頭皮全体が良い状態に保たれるので、クリニックでの治療効果を得やすくなります。人にやってもらうのも可能ですが毎日自分で続ければ頭部の代謝機能のアップにつながりますし、髪の根元の皮脂や古い角質等が落ちやすくなり、少ないシャンプー液で済むので頭皮への負担も減らせます。